MENU

愛人募集の定番サイト登録無料
愛人募集サイトランキング
愛人を探す紳士が集まる掲示板で相手の条件を検索

 

 結婚して5年目、子供も出来て家庭も安泰ではあるのですが、どこか満たされないものを持っていました。
決して不満があるわけではないのですが、今ひとつしっくりとこないものを感じていたのです。
何か一つ物足りない、そんな気持ちを持っていました。
これはきっと贅沢な悩みであるのかもしれませんが、自分にとってはとても気にかかることであり、このモヤモヤした部分をスッキリさせたいという気持ちが強くありました。

 

 仕事の帰り同僚と酒を飲んでいたのですが、ふとこんな話をしてしまったのです。
彼は自分よりも早く結婚をしていて、こういったことは理解してくれると思っていました。
「そういうのって、別に女を作ると解消するんじゃない?」
そんなことを言い出したのです。
「でも妻には全く問題を感じてないし、そういうのって背信行為じゃない」
浮気をすると言うことが何だか凄く悪いことのように感じていたのです。
妻との関係が悪いわけでもありませんから、別の女性と関係を作ってしまうということに対して抵抗感が間違いなくありました。
「愛人でも作って、関係を楽しむことでスッキリするんだよ。
実は自分もそれやってるんだよね」
「えっ!愛人いるの?」
本当に驚いてしまいました、彼に愛人がいるなんて全く知りませんでしたから。
彼との酒のあとに、愛人と言うことが頭に引っかかっていました。
愛人募集をしてみたらどうだ、彼の提案をよく考えてみようと思ったのです。
家庭は不満がないのにもかかわらず、こういった関係を作ってしまうこと自体凄く悪いことのように思ってしまったのですが、愛人募集をしてモヤモヤしたものを吹き飛ばしたい、そう言って気分が強くなっていったんです。
ただ自分はこういった相手をどのように探せば良いのか全く分りませんでした。
彼が言うには、インターネットを利用することで相手探しが可能であると言うのです。

インターネットのどのようなものを利用すればよいのか、事前に彼に確認しませんでしたから、やはり今ひとつピンときていませんでした。
このまま何もしないのでは状況も変化をさせることは出来ませんし、一度行動に移してみてもいいかもしれないと思うようになっていました。
同僚と酒を酌み交わしてから1週間ほど経過していましたが、そろそろ自分も彼のような関係を作ってみて、スッキリさせてみたいと言うような気分が強くなっていったのです。
とりあえず、彼の言ったようにインターネットの世界にあるサービスを利用して相手を探してみようかと考えるようになっていたのです。
出会いを見つけるためのサービスなどが沢山あるインターネットの世界、こちらを利用すれば、とりあえず相手を見つける事できるだろうと考えました。

 

 

自己紹介
名前:カズヤ
性別:男
年齢:35歳
IT系会社役員。

 

妻との生活は全く問題は無く、子供も生まれて幸せなはずなんだけれど、なぜか満たされないものを感じていた。
同僚から愛人の話を聞き、かなり興味を持ってしまい、自分のスッキリしない気持ちを何とかしたいと思い、愛人と言った関係を探してみようとインターネットを利用することに。